IMG_4469

ショップで店員さんに抱かれてイヤイヤするおやつさん。

16年飼っていたコーンスネークが寿命を迎え、ペットロスに陥っていたとき、とつぜん「そうだ、ハリネズミ飼おう」と思い立ちました。わたしにとって飼うのは初めての哺乳類、そりゃあもう調べまくりましたね。そして、わたしなんかに飼えるのだろうかと、さんざん心配しました。

あるペットショップに問い合わせたら、国産6ヶ月が1匹いますと言われて見に行ったところ、劣悪な環境で(犬が店内をふらふら歩いていて、おしっこ垂れ流している!)、ハリネズミの水槽も汚くて、これはきっと病気持っているだろうなと。かわいそうだったけれど、見て見ぬふりをしてしまいました。

別のショップでは、電話で問い合わせたら、オランダ産10ヶ月が1匹いますと。国産が良かったのと、ちょっと育ちすぎなので諦めました。

で、もうだめかな、縁がないかな、と思いつつ、別に焦ることでもないし、とりあえずさ、ヘビの水槽を捨てようと思ったんですよ。粗大ごみでね。朝、シール貼って、ゴミ置き場に置いて出社して、でも仕事しながら「あーあ、水槽捨てちゃったなあ、あれがあればすぐハリネズミ飼えたけれど、捨てちゃったなあ」なんてうじうじ考えてたんですよ。

そしたらさ、帰宅したらね、水槽、そのままあるんですよ。で、ポストに「粗大ごみ取りに来ましたけど見当たらなかったんで連絡くださーい」的な紙がぺろんと入ってて。あれ。こんなわかりやすいところに置いてたのに、なんで? 水槽、でっかいのに、なんで? と思いつつ、でも、しょーがないから、部屋に持ち帰って、しょーがないから、お風呂でごしごし洗って、しょーがないから、部屋を片付けて、ハリネズミにとって一番いい環境になる場所に置いたんですよね。

そしたらもう飼うしかないよなーみたいな気持ちになってさ。もう一度ショップを調べて問い合わせたら、吉祥寺の熱帯倶楽部に国産で4~5ヶ月くらいのが7匹いるって言われて。

7匹! 選びほうだい! とりあえず、見に行こう! とりあえず、見るだけ!

…買っちゃったよね~。オスメスで性格に差がないらしいのと、カラーにこだわりがなかったので、一番小さくて、一番癖がない、ふつうの個体を選びました。4ヶ月、メスのシナモンです。

オスだったらね、「SONIC」って名前にしていたけど。メスだから、SONICは合わないな~っと思って、誰にも嫌われない単語、「おやつ」にしました。おやつちゃんだよ。「ひるね」も良かったかも。実際昼間寝てるし。

というわけで、2013年10月7日から、わたしとおやつの生活が始まったのでした。

photo
ザ・ハリネズミ―飼育・生態・接し方・医学がすべてわかる (ペット・ガイド・シリーズ)
大野 瑞絵 石川 晋 三輪 恭嗣
誠文堂新光社 2009-08
評価

by G-Tools , 2013/10/26


にほんブログ村 小動物ブログ ハリネズミへ
にほんブログ村